バリ島の日帰りツーリングです。
北部まで足を伸ばした1泊ツーリングの記事は明日以降に譲るとして、まずはバリ島初心者でも気軽に試せる日帰りツーリングプランを紹介します。

朝8時、通勤のバイクに混ざってベースのクタを出発。
バリ島 574

うじゃうじゃいますが、慣れれば意外と平気なもの。
このツーリングは帰国前日に暇つぶしに行ったものなので、すでに道は覚えていてスムーズに移動出来ました。

途中にある大きな街の名前を覚えておけば、緑の標識に従ってどんどん進めます。
バリ島 563

最初の目的地は、バリ島東部にある霊峰アグン山のふもと、バリ最大の寺院であるブサキ寺院です。

この日は最初ウブド方面の標識に向かって進み、途中でギャニャールの標識を見つけ、ギャニャールについたらキンタマーニ/ブサキの標識を見つけるといった段取りで進みました。

出発から2時間後、難なくブサキ寺院に到着。
寺院では、サロンを巻かなくては入場できません。
レンタルもありますが、薄汚い上に高いので、おみやげついでに事前に好きなデザインのものを買っておきましょう。

バリ島 618
(サロン1200円、腰巻き650円、ともにクタスクエアのマタハリデパート)

自称公式ガイドがまとわりついてきたけど、普段は外国人(というか異教徒)は入れない境内に入れ、写真もとってもらえるので無理に引き離さず。
ガイドブック通り、最後に法外なガイド料を要求してくるが、後述するいつもの撃退法で。
バリ島 639

数日前は大きなお祭りがあって、キレイだったみたいですが、今はひっそりとしています。
バリ島 646

さて、撃退法ですが、
ここで私は突然カタコトの英語も一切話せない純粋な日本人に変身します。

そして、無駄な値下げ交渉はせず、常識的な額のチップ(1~2万ルピア:100~200円)を握手とともに手渡し、にっこり笑って、

「あなたのご親切のおかげで今日は素晴らしいバリの文化を堪能出来ました。ありがとうございます(流暢な日本語)。」

にっこり笑ってるし、難しい日本語だし(アナタ@:*¥バリ^※アリガトウ;+#)、常識的な額は渡されてるし、
はじめはごちゃごちゃ言ってきますが、すぐにあきらめて自称ガイドは帰りますw

さて、次の目的地はキンタマーニ高原。
およそ30分の距離です。
バリ島 667
(途中の商店で給油。観光名所から離れれば離れるほど妥当な金額で給油できます)

アップダウンを抜け、
バリ島 670

いざ、キンタマーニ!
バリ島 677
壮大なバトゥール湖とバトゥール山が迎えてくれます。
午後は曇ることが多いので、午前中がいいです。

さらに大木の並木道を抜けて、
バリ島 680

開けたところで、眺めのいいワルンを発見。
バリ島 681
バリ島 707
ワルン ブキッ サリ

あまり期待していなかったのですが、
思いのほか美味しかったミーゴレン300円、ココナッツジュース300円。
バリ島 694

バリ島 699_R

昼食後、少しシンガラジャ方面に走ると、ウブドに下る道があります。
ウブドから登ると、尾根の道に出るところで入村料を取られるそうです。

途中、警察の検問がありました。
写真は撮ってないけど。
有名な観光地どうしを結ぶ道にはよく無免許取り締まりの検問があります。
現地免許を持ってるので当然スルー。

バリ島 721
田園を抜け、

ウブド到着。
有名?なアクセサリー屋 *アスタリスクでガムランボールを購入。
バリ島 725
(アクセサリーには目利きができないので、誰あてのプレゼントか店員さんに伝え、選んでもらう)

そのあとは、ウブドのマーケットをじゃらんじゃらん(お散歩)
バリ島 731
バリ島 732
バリ島 733
バリ島 735
バリ島 736
バリ島 737
バリ島 738
バリ島 744
バリ島 745
バリ島 746
バリ島 751
バリ島 753
バリ島 755
バリ島 756
バリ島 757
バリ島 759
バリ島 747

ここで午後3時。
クタに向けて帰りま~す
バリ島 771

とても気持ちのいいツーリングでした☆

目次に戻る

・・・
面白かった、参考になったらクリックお願いします。
↓ ↓ ↓
にほんブログ村 住まいブログ セルフビルド・ハーフビルドへ
にほんブログ村