うーん
今日は何をやってもダメな日だー

IMG_7524

窓側の壁を貼ったんだけど
スキマあいちゃったー

何度もやり直した末に資材も足りなくなるし。

そして写真も施工部分がよくわからないという


気を取り直し
中古住宅の今後はどうなるの?のお話。




わかりません!
以上!










それじゃあなんなので
価格が上がるシナリオ、下がるシナリオをば。
ここから先はフィクションです。




まずは上がるシナリオ。
これは新築の価格が高騰し、それに引っ張られるように相対的に騰がるってやつですね。
ここ数年、中古マンション市場で実際に起きています。
では戸建は?

これからも空き家は増え続け、金利も上昇し、世帯年収がさらに低下すると低所得層は新築を買えなくなり、人口の絶対減の影響もあって新築ビルダーの淘汰が始まりました。一時的に過当競争で価格帯は低下しました。チカラのないビルダーはバタバタと潰れていきます。

ひと通り淘汰が終わると、生き残ったビルダーは着工数の減少に伴い利益の出ないローコスト住宅をやめ、高所得層にターゲットを絞りました。新築の注文住宅は一部のお金持ちのものとなったのです。相対的に中古住宅の価格は上昇しました。


さて、今度は下がるシナリオ。
新築の価格が上がるとこまでは同じですが、空き家問題がパンデミックを迎えます。増えすぎた空き家が続々と市場に出回り、値崩れを起こしたのです。

売却を急ぐ人は価格をガツンと下げます。そのあおりでその地域の注文住宅相場が崩れることはよくあること。
これまで値崩れは一時的でしたが、次から次へと売り急ぎ物件が市場に出回り、加速度的に相場が下がっていく負の連鎖が止まりません。
特に地方、しかも居住誘導地域から外れた住宅はタダでも貰い手がない状況になってしまいました。

さらに、低金利時に無理なローンを組んだ層の破綻が社会問題化。銀行はその損失の穴埋めのため金利を上げ、その金利上昇が住宅価格をさらに押し下げます。



さて、
あなたはどちらのシナリオが現実的と思いますか?


今日はここまで!



・・・
面白かった、参考になったらクリックお願いします。
↓ ↓ ↓
にほんブログ村 住まいブログ セルフビルド・ハーフビルドへ
にほんブログ村