ここのところ、更新が滞ってます。

ネクストDIYのフィールドとして、
カミさんの実家にほど近い、西日本のとある場所に古民家を探して、現地調査をしていました。
セルフビルド・セルフリフォームアドバイザーとして活動するための自身の勉強用として、この地域の伝統的建築のうち、セルフでは手に負えない問題を抱えていない、小規模の物件を探していたんです。


そしてこのたび、
条件に合う古民家が見つかり、買付を出しました!
IMG_7574

藁葺き屋根をトタンで覆った推定築100年ほどの古民家(農家住宅)です。

これから金額以外の諸条件を調整し、持ち主さんとの合意後契約となるため確定ではありませんが。

持ち主さんは自主管理できない空き家を円満に手放すことを念頭に値付けしており十分に低価格だったので指値は入れていません。

立地以外の建物設備を調査する上で重視した項目は以下の通り。

・庇を除く本体に雨漏りがないこと
・10/1000以上の傾きがないこと
・構造に腐朽やシロアリの被害がないこと
・上下水道が生きていること

コレがひとつでも該当するとDIYでは解決できない工事が必要になったり、費用の見積もりによっては経済的廃屋であったりします。

空き家歴数年以上の古民家は、上記のうちいずれかまたは複数に引っかかることが多いのですが、この物件は空き家歴20年なのに奇跡的に該当ナシ!コレは出物です!たぶん!

特に傾きに関しては優秀で、ほぼ全ての建具がスムーズに動いたのは私も驚きました。

屋根のトタンは赤錆が出ているので早急に補修が必要です。急勾配なのでプロによる外注を前提に見積もりましたが、それ以外はDIYでイケそうな感じです!たぶん!w

それに、ここの上下水道は私設や集落管理ではなく公営で、下水は浄化槽ではなく本下水。コレは大きいです!



そんなこんなで、レインズ登録前の買付です!
というか、よくこれで宅建業者が媒介受けたなあという感じですね。自治体の紹介とは言え、大抵こういった物件は持ち主さんとの直接交渉になるんですが。


続きはまた。
今日はここまで!


・・・
面白かった、参考になったらクリックお願いします。
↓ ↓ ↓
にほんブログ村 住まいブログ セルフビルド・ハーフビルドへ
にほんブログ村