買付入れた古民家の改修計画を練っております。
大筋は買付前に見積もっていますけどね。


さて、
その一環として、自治体等の空き家対策の助成金が申請可能かについても調べていました。
まあ、要項みて使えねえとは思っていましたが、問い合わせもせずに使えねーって言ってんじゃねえ!ってカミさんに怒られて、一応問い合わせたんですが、結論は使えねー!でした。


助成の対象外ではありません。
意味がないので蹴った訳です。


助成の条件として、現行の建築基準に沿う耐震補強をせよ、つーのがあります。
一見もっともらしい主旨ですが、これが蹴った理由です。


現代の建築基準における木造住宅の耐震性能の考え方は、
・耐力壁等で変形を抑え、
・変形を抑えたことによる引き抜き力に耐えるよう基礎にがっちり緊結する
です。
こんなイメージ。
FullSizeRender

強い応力がかかっても建物の変形を抑え、それによって生じる引き抜き力をアンカーボルトとかで耐えます。想定以上の応力がかかっら一気に変形が増える、つまり破壊に至ります。

一方、古民家等の伝統建築における耐震性能の考え方は、
・貫や通し柱などで応力に応じた変形を許容する
・変形を許容するので基礎への緊結は必要ない
です。
こんなイメージ
FullSizeRender

想定以上の力がかかったら破壊に至るのは一緒。
柱と梁・桁が平行四辺形になるので構造の破綻前に土壁とかはボロボロになりますが、建物と中の人は無事です。


このように、
考え方が根本的に違うんですね。
どちらが良いというわけではありません。
人命財産を守るという基本的な能力は一緒。

現代の家で壁がボロボロになったらオオゴトですが、古民家ならロープで傾き矯正して、壁は竹と藁張って泥塗るだけです。


さて、
助成金使って、耐震について根本的に考え方の異なる古民家に現行基準の耐力壁とか作ったらどうなるでしょう?
そもそも基礎に緊結なんてしていませんし、
その基礎だって柱の位置に独立した岩をそこに置いてあるだけ。
緊結したって無意味です。


そんな無意味な工事に、税金使ってどーするの?
全額補助じゃないから、自己負担金を拠出したってどーなるの?です。



もちろん、
建築基準はこの伝統建築の考え方にも対応できるよう、個別に構造計算して許可得れば伝統構法のままでもいいよ、って規定もあります。
でもそれは、かかるお金の桁が違います。文化財保護とかでやるもんです。

それに構造計算といってもせいぜい線材・点接合化の三自由度モデルでしょ?(それだって大変)
だったら脳内経験値の方が的を射ている場合だってありますしね。


そんなこんなで、




もっと実態に即した助成金クレーー!!!w




今日はここまで。








・・・
面白かった、参考になったらクリックお願いします。
↓ ↓ ↓
にほんブログ村 住まいブログ セルフビルド・ハーフビルドへ
にほんブログ村