前回、いきなり最終回から紹介した
バイクで北海道2010、略してバイ北2010ですが、全22話のシリーズになっています。

当時、長編シリーズ物が流行っていたんですよね。

その22話の内訳ですが、
最初の2話が家での準備編
次の2話が渡道リハーサルキャンプ編
その後が実際の旅の記録になっています。


バイクで北海道を旅するとき、
宿泊形態としてキャンプがポピュラーでした。(今でも?)
フェリーのバイクは、みなキャンプ道具で満載だった気がします。


さてさて、第1話の内容ですが、
車載動画を撮る関係で、撮影に関しバイクでは3つの大きな問題に直面します。
一つ目は、カメラをどう固定するか。
二つ目は、電源をどう確保するか。
三つ目は、雨天時の防水をどうするか。
このうち、二つ目と三つ目の問題を解決するための施策と、そのテスト結果の紹介となっています。


一つ目のカメラをどう固定するかについては、今回の動画では紹介していませんが、
当時のバイク車載については振動との戦いでしたね~。
今はぽん付けでいけるのかなぁ?

バイクに固定する方法は、安定した構図が特徴ですが、振動がネック。
ヘルメット等人体に固定する方法は、振動は抑えられますが、構図が安定せず見る方が酔う。
車載動画を趣味にしていた人たちは、各自いろいろな工夫をして、
その工夫を情報交換しながら頑張っていたのを思い出します。




前置きが長くなりました。
それでは、第1話のはじまりはしまり~



・・・
面白かった、参考になったらクリックお願いします。
↓ ↓ ↓
にほんブログ村 住まいブログ セルフビルド・ハーフビルドへ
にほんブログ村