港にDIYで家を建てよう

2018年より、自宅のセルフビルドに挑戦! 先に建てた山のガレージハウスの経験をもとに、 本格的な住宅建設に設計から施工までがんばってみます。

カテゴリ:古民家再生 > 大工工事

古民家2号です。母屋側の大引を設置しようと思います。その前に、元の勝手口を塞ぎ壁を作らなくては。この引き戸です。ここは壁になり、中央に窓をつけます。まず、扉を撤去し、柱を立てて窓台と間柱を入れました。そして、部屋の外周の大引を設置。柱に直留めです。付属建物 ...

今日は雨。現場はお休みですが、資材の買い物に出かけました。新しい水周り付属建物は、在来工法と2x4工法のいいとこ取りしたハイブリッド構造で建てます。そこで当然ツーバイ材が必要になるのですが、今ツーバイ材に代表される外材が入手困難になっているのをご存知でしょう ...

古民家2号です。昨日の土台据え付けの続きです。大引をかける仕口加工もしておきます。その間、勝手口の土間にカミさんが石を敷き詰めてくれたので、大引は中断して土間コンをすることに。古い石臼もありますw半畳ほどの小さな土間コンなので、メッシュを敷いてモルタルで ...

古民家2号です。今日はいい天気!土台の加工をしていきます。土台は地元産のヒノキをチョイス。腐りやすい土台は、地元の気候で育った木が良いような気がします。なんとなくですが。刻みが終わったら、シロアリ避けの薬を塗っていきます。で、据え付け。最初の一本は、母屋と ...

古民家2号です。今日も半日のゆるゆる作業。下部が半分腐っていた柱ですが、荷重をかけている桁に柱を追加しました。幸い、乗っている桁はビシッと水平が出ていたので、その横に柱を立てて元の柱とビスで緊結。桁をジャッキで少しだけ持ち上げ、新しい柱をつけてジャッキを解 ...

↑このページのトップヘ